メニュー

読むだけで家計の悩みがスッキリするブログ - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

データでみる、最近の進学率や進学費用

作成日:2020年06月10日(水)

こんにちは!

 

お金を活かすコツを伝授する、FPの鈴木幸子です☆

 

バブル崩壊から伸び悩む日本経済、年収も比例しています。

 

そんな時代が来て30年以上が経つのですが、教育費事情はどうなっているでしょうか?

 

 

現在、大学進学のお子様を持つ親が大学に行っていた頃(1995年)

 

国立大学の入学+初年度学納金は、70万円位でした。

 

まさに私は1978年生まれなので、このころに大学へ進学しています!

 

 

令和元年には82万円 17%UPしています!

 

公立大学が、80万円→93万円 16%UP

 

私立大学が101万円→115万円 14%UP

 

 

大学の数は増えてます!

 

1515校⇒2577校 学部数や選べる種類も細分化。

 

 

進学率は?65%⇒82%

 

そのうち大学のみの進学率は 32%⇒54%(浪人生含む)

 

そして、奨学金の受給率は?21%⇒49%

 

 

まとめると

 

この25年間で、大学の数は1.7倍になり、進学率は上昇!

 

中学校のクラスが40人だとすると

 

22人が大学へ進学、11人が短大や専門学校へ、

 

7人が就職するか、家事手伝い、ということ。

 

 

そして進学した33人中16人が、

 

何らかの奨学金をもらうか借りて、学生生活を送っている。

 

 

ちなみに、1978年生まれは167万人、2002年生まれは115万人 31%減っています。

ここからは、延べ人数を羅列します!

 

 

1978年生まれの167万人中、

 

53万人が大学へ、55万人が短大・専門学校、59万人が就職・家事手伝い。

 

 

2002年生まれの115万人中、

 

62万人が大学へ、32万人が短大・専門学校、21万人が就職・家事手伝い。

 

 

あれ?

 

大学の数は70%増えているのに、進学者数は16%しか増えてない。。

 

つまり、1大学に在学する生徒の数が少なくなっている!?

 

学費、上がるのは必須ですよね。。。

 

 

奨学金をもらうか借りている人は?

 

1978年生まれ、22万人。2002年生まれ、46万人くらいの予定。

 

上記の数字を見て、皆さんはどう思いましたか?

 

 

 

私の娘が2002年生まれです。

 

彼女には、「教育は投資だ!」と説明しています。

 

 

そして、場合によっては奨学金も借りさせようかと検討しています。

 

返さなきゃいけないお金があるから、稼がなきゃ!!

 

 

1人暮らしで生きる力を身につけさせたい、って思うけど、

 

もっと必要な生きる力って、何だろう?

 

 

教育は自分に、社会に役立つ能力、という価値をつけるための一つの手段。

 

その価値を社会に還元し、稼ぐことで、生きていける。

 

そんな「生きる力」も体得できる大学生活を送ってもらいたいな、と思っています^^

 

 

 

※上記のデータは、娘の学校で配られた「キャリアガイダンス」から抜粋しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国の教育ローンと奨学金の活用法とは?

作成日:2020年06月09日(火)

こんにちは!


お金の活かすコツを伝授!

FPの鈴木幸子です☆

 

6月に入り、アフターコロナムード漂う中、

日本学生支援機構(JASSO)の「予約採用」が始まりました。

 

高校3年生になる娘が、先日資料を持ってきて、

「とりあえず、セミナー聞いてきたー」とのこと。

 

「全然意味が分からなかった―」とも。

 

そこで、最新の教育費の借入事情をまとめました!!

 

巷で言われている「奨学金」は、ほぼJASSOの貸与型奨学金のこと。

 

今年からは、「給付型奨学金」も新設されましたが

低所得世帯など特定の条件があるのでそれはまた今度。

 

まずは概要、というか結論から!

 

大学入学前の準備費用は

 

 

日本政策金融公庫の「国の教育ローン」を活用。

 

入学後の月々は「貸与型奨学金」を活用するのが現実的!

 

なぜなら、

奨学金は入学後の4月下旬に初めて振り込まれるから。

 

 

それも月々の振り込みなので、まとまった入学金などには充てられず。

 

入学時に備えた増額貸与奨学金最大50万円の申請もできますが、

その振り込みも、入学後になります。建て替え制度あり。

 

「国の教育ローン」と「貸与型奨学金」の主な特徴と違い。

 

まずは、債務者ですが、

 

「国の教育ローン」は「保護者」

 

「貸与型奨学金」は「生徒本人」

次に、貸与時期

 

前者は、「入学が決まっていれば、いつでも」

後者は、「入学後」

 

受取り方は、

前者は、当面1年分を「一括受取」

後者は、「毎月一定額」

そして、申し込み窓口は?

 

前者は、在学中の学校で、予約採用の場合は高校ということ。

 

後者は、日本政策金融公庫の窓口、

あるいは郵送か、インターネット申込みもできます!

 

 

まとめると「国の教育ローン」は

 

保護者が、日本政策金融公庫に申し込み、

 

入学が決まれば、使い道の決まった1年分のお金をまとめて受け取れる!

 

 

 

「貸与型奨学金」は

 

生徒本人が、在学中の学校に申し込み、入学後に、毎月定額で受け取れる!

 

 

 

ということになりますので、いつ、何に、いくら必要か?

 

そして、誰が借りるのかを家族で話し合う必要がありますね!!

 

さてここからは、借りる上での注意事項のご紹介。

 

借入予定の総額はいくらですか?

 

 

誰が、いつから、いつまで、いくらずつ返済、返還しますか?

 

 

 

「国の教育ローン」は、最大350万円(自宅外通学など最大450万円)を

借入から15年以内に完済する必要があります。

 

すぐに返済を始めるか、在学中は利息のみで卒業後に残り年数で完済することもできます。

現在は、固定金利で1.7%です。

 

「貸与型奨学金」は、無利子の第一種奨学金と有利子の第二種奨学金があり、

貸与月額や総額によって、返済期間が設定されますが、最大20年間で返還終了です。

 

 金利は主に、変動金利と固定金利が選べ、現在は0.002%か0.077%です。

 

めっちゃ低金利ですよねーー。

 

 

例えば、首都圏の国立大学に進学したとしましょう!

 

受験費用が約50万円、入学金と4年分の学費が244万円+α(諸経費)

 

 

JASSOの学生生活シミュレーターによると、

 

 

学生の一人暮らしの全国平均が月10.5万円なのですが、

 

 

このデータの中には、住居・光熱費が3.7万円しか入っていません。

 

 

ということで、東京の家賃相場6.7万円+水光熱1万ちょいとして月8万円

 

 

合計約15万円×48か月=720万円 ですね。。

 

 

是非とも考えたいのは、

 

 

1000万円の教育への投資をして、リターンは期待できるのか?

 

 

 

リターンは「稼ぐ力」「社会に役立つ能力」「夢の実現」、人それぞれですが、

 

両親には子ども独立の後にも、まだ30年~50年の人生が待っています!

 

子どもの進学意欲に任せるだけではなく、家計のバランスを確認した上で、

 

教育ローンや奨学金の活用を検討していきたいですね☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜松市の保育料はどうすればわかりますか?

作成日:2019年10月11日(金)

こんにちは!
お金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

 

出産、育児、怒涛の日々の中、次は「保活」という大変さ。

 

4月に保育園入所を希望するご家庭は、

11月15日~翌2月7日までに申し込みが必要です。

 

さて復帰を検討しつつ、気になるのは保育料。

 

予め、概算を抑えておきたいけど、計算の仕方もわからない(-_-;)

 

そんな皆様に、簡単に試算できる方法をご紹介します!

市役所に問い合わせてみました!!

 

子育て情報サイトには

 

「世帯全体の市町村民税所得割課税額を表に当てはめて決定。」

 

と記載があります。

 

FPとしては疑問が残ります。。

 

というのも、浜松市政令指定都市になったことにより

 

一般的な市民税6:県民税4という住民税額の割合が、

 

政令指定都市は市民税8:県民税2になっている。

 

なのに、保育料決定の表は変わっていない。。。

 

みんな、保育料が上がっちゃうなーと思ったのです。。

 

 

 

でもそんなはずはないですよね!

 

実際の計算は、2018年の所得を元に算出されて住民税が決定されるわけですが、

 

その2018年の総所得の6%が市民税と計算されるので、一般の市町村と同じでした。

 

その算出された市民税額を元に保育料が決定されるとのこと。

 

スッキリ!!

 

 

手順をまとめると

 

サラリーマンで住民税を給与天引きしている人が対象ですが、

 

①2019年6月に送られてきた

「給与所得等に係る市民税・県民税額の決定通知書」をご覧ください。

 

②真ん中あたりに「課税標準」という枠がありますが、

その右の「総所得③」という項目をご覧ください。

 

③その総所得の6%が市民税です!

 

④共働きだった場合には、この総所得×6%を

 

夫婦合算で保育料表に当てはめて保育料が決定されます。

 

 

ちなみに、育休復帰のママに朗報です!

 

育児休暇手当は所得とみなされません!

 

課税もされなければ、減税徴収票にも載ってこない。

 

つまりは、1歳児を預けようとした場合、多くの人は育休手当もらってる。

 

非課税所得なので、実質はご主人の所得+育休以外の奥様の所得で市民税が試算されます。

 

フルで夫婦共働きの収入よりは、税金が抑えられます!

 

1歳児・2歳児はまだまだ手もお金も掛かりますね!

 

 

 

2020年10月~は3歳児以降、保育料無償化になります。

 

副食代や教材費、園服などは費用が発生しますが、月々だと5000円前後でしょうか。

 

子育ての費用が掛かり始める保育園入所ですが、大学資金なども見据えて

 

無償化になったタイミングでは資産形成を加速させていきたいものですね☆

 

 

 

 

 

学資保険って必要ですか?

作成日:2019年09月11日(水)

こんにちは!
お金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

 

ご出産、おめでとうございます!

将来をワクワクしながら日々子育て中のことと思います!!

 

そんな中、子どもの未来に必要なお金をどうやって貯めればいいのかな、

とネットで検索してこのブログにたどり着いたのかもしれませんね。。

 

多くのママの悩み、このブログで解決できるかな。。

 

 

学資保険といえば、祖父母・両親が孫や子どものために、

という心を込めて加入を検討されることが多いと思います。

 

想いの詰まった金融商品の一つ。

 

昭和の時代は高度成長期・高金利、加入と同時に積立利率が決まり

将来の受取金額が決まる学資保険は、愛情とお金が同時に貯まる保険でした。

 

我が家でも、今は亡き義母が孫6人のために

毎月5000円を学資保険として契約してくれています。

 

既に義母は他界していますが、その思いは義父も同じで、今も年金で払ってくれています。

娘が産まれた平成14年は既に金利はゼロに近く、昭和のようにお金は増えません。

でも、想いの詰まった保険の満期が楽しみです^^

 

 

さて本題の「学資保険は必要ですか?」についてお話を進めます。

あくまでFP鈴木のスタンスをお伝えしますが「目的は何ですか?」と伺いたいです。

 

もしお金を増やす目的ならば、

18年も日本円で金利がゼロに近く固定される学資保険に加入するのは得策ではないかも。

それなら、普通預金の変動金利や定期積立の方がいいのかもしれません。。

 

では「教育費を確実に貯めたい」という目的は?

定期積立などだと、流動性、いつでも引き出して使うことができてしまう。

通帳を見ると確認できてしまうので、意識の片隅に別財布がある感じ^^

 

「意思は弱い、願望は強い」

 

何があっても絶対に貯めておきたい教育費、という優先順位なら

保険というカタチで鍵をかけてしまうのもいいかもしれませんね。

 

もちろん「想いをカタチにする」という目的ならその一つの手段。

 

資産形成をしながら、愛情を育てるのであれば、

子どもニーサ、つみたてニーサで、世界経済の力を借りていくのもいいですね!

 

 

子どものお金、がきっかけで資産形成を学び、スタートされる方が多いです。

 

「貯蓄から投資へ」

 

まずは、少額からでも、資産形成のスタートを切ってみるのもいいですね!

 

講座開講します!

「チャレンジ!つみたてNISA講座」

2019年11月16日(土)10:00~12:00 弊社事務所にて

 

「チャレンジ!ふるさと納税講座」

2019年11月24日(土)10:00~12:00 弊社事務所にて

 

他にも様々なセミナーを開催していますので、お見逃しなく!

 

お申し込みは、HPの問い合わせホームに希望講座名、人数、お名前などをご記入ください!

 

 

【6/8(土)セミナー】返済不要!奨学金のはなし

作成日:2019年04月16日(火)

こんにちは!
お金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

 

新年度が始まりましたね!

今年の桜は長持ちしてくれて、入学式を華やかに演出してくれました。

 

我が家も無事に入学式を迎え、ホッとしたのはつかの間。

学校の環境に慣れるまでは余談を許さず、まだまだ支援が必要です(笑)

 

さて生活の支援もさることながら、2年後には大学進学が2連チャン!!

進学するかは別として、親としてはいよいよ来たか!と気を引き締め始めています。

そしてFPとしての情報収集にも力が入ります!

 

そんな中、友人のFPがセミナーを開催します!

 

その名も

「かしこい教育費の準備講座」~返済不要!奨学金のはなし~

 

それも現役プロ家庭教師の坪井先生と一緒に開催します!

 

坪井先生は、公的な場でも奨学金の活用法や教育支援に関して講和をされている方。

リアルな情報が次から次に展開されるセミナーになりそうです!

 

そして、後半では小田敦子FPが、「家計改善のポイント」をレクチャーしてくれます。

私はセミナー後の個別相談に登場!!

 

教育相談とマネー相談、専門家3名によるコラボセミナーです!

 

奨学金セミナーチラシ

 

お誘いあわせの上、お気軽にお越しくださいね~♪

 

お申し込みはこちらまで!!

関連団体

日本FP協会 生命保険文化センター 相続診断協会