メニュー

事前に知っておきたい、退職金のもらい方 - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

事前に知っておきたい、退職金のもらい方

作成日:2016年09月09日(金)

こんにちは、浜松市でお金を活かすFP事務所、

ギフトユアライフ浜松の鈴木裕也です。

 

もう少しで定年退職という方は、退職金について、

どう活用すればいいのか、考えているでのではないでしょうか?

 

まずは、受け取る際のもらい方について触れてみます。

 

受取方法ですが一時金受取といい、言葉の通り一括で貰う方法。

 

もう一つは年金受取、分割して年金方式で貰う方法です。

 

 

一般のサラリーマンは一部を一時金で、

残りを年金で受け取る併用受給もできますが、公務員の方は一時金受取のみです。

 

一時金受取の場合、所得税と住民税が課税されますが、

 

○いつものお給料とは別で計算することができ(分離課税)

 その所得には退職所得控除という割引(税制優遇)が適当されます。

 

例えば40年働いた場合は、2200万円までの退職金には税金がかかりません。

 

注意点としては、退職時に必ず「退職所得の受給に関する申告書」の提出が必要です。

 

提出しないと、納めすぎた税金の払い戻しには、確定申告が必要になります。

 

年金受取にした場合、少しずつ貰うことで、

 

○支払期間中も残りのお金が運用され、その利息分を多く受け取れます。

 

○受け取った年金は、運用益など関係なく、国からの年金と合算して課税されます。

 

注意点は、

務めていた企業の経営が悪化すると、将来の支給額が減額される可能性があります。

 

最低保障の運用率のや受給期間の確認をしておきましょう。

 

併用受給が可能なら、

退職金所得控除で非課税となる金額を一時金で受け取り、

残りを年金受取にして税金の負担を減らすなど、バランスをよく考える事。

 

長年お勤めされて手にできる退職金、

また大切な老後の生活資金の原資ですので、大事に活用したいですね。

 

活用方法を職場の方には相談しづらいとか、

誰に相談すればいいのかご不明な際は、私どもにお気軽にご相談ください。

 

老後の計画サポートプランの詳細は、こちら です!

関連団体

日本FP協会 生命保険文化センター 相続診断協会