メニュー

読むだけで家計の悩みがスッキリするブログ - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

FPなら、誰に相談しても内容は一緒ですか?

作成日:2020年06月07日(日)

こんにちは!

お金を活かすコツを伝授!

FPの鈴木幸子です☆

 

 

以前のブログにも書きましたが、

最近、セカンドオピニオンとして

ご相談頂く機会が増えてきています。

 

「FPの人によって、

言っていること、提案が違う」

 

とのお声をよく聞くようになりました。

 

FPとは、

ファイナンシャル・プランナーの略語です。

 

名乗る際にFPと言いますが、

実はFPとは、資格の名前です。

 

つまりFPとは、

資格取得に必要な知識を持っている人が、

それを示すために使っている

 

呼称のようなものですね。。

 

相談するFPによって、

相談内容はバラバラです!

 

 

例えば、

住宅ローンの変動金利と

固定金利はどっちがいいか?

 

繰上げ返済はした方がいいか、どうか?

 

奨学金は借りるべきか、借りないべきか?

 

どんな保険を選ぶといいのか?

 

NISAはどの金融機関がいいか?

 

 

などなど、

たぶん全然違う答えをもっていると思います!

 

更には、相談者との相性も大事ですね。。

 

 

大切にしたいのは、相談する前に

 

「何がきっかけで相談しようと思ったのか(課題)」

 

「課題を解決して、どんな未来を手にしたいか?(理想)」

 

「課題解決に必要な情報・方法は何か?(手段)」

 

ぼやっとしたイメージを持っておくことです。

 

 

それによって、自分たちが知りたい情報

や方法にたどり着きやすくなります。

 

また、相談してみたけど、

どうも相性が良くない、

という判断もできるようになると思います。

 

 

属人的な要素が多い、FP相談。

 

時には、人生相談になることもあります。

 

一度の相談で納得感が得られないようでしたら、

セカンドオピニオンをすることをお勧めしますね!!

 

 

 

住宅資金のセカンドオピニオン

作成日:2020年05月24日(日)

んにちは!

お金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

 

 

FPとして活動を始めて早10年、

 

そのうちの半分以上の期間、住宅資金相談を中心に行っています。

 

そんな日々の中、最近の傾向として感じることがあります。

 

 

「住宅メーカーや工務店から紹介されたFPさんに相談したけど、

 

イマイチわからないまま、相談が終わってしまった。。。」

 

 

と言って、私のところへ来る方が増えているのです!

 

 

4-5年前はまだ、住宅購入の際にFP相談をする、

 

という慣習も広がっていませんでしたので、

 

相談する人が増えた、というのはいいことだと思っています。

 

 

 

私も住宅メーカーや工務店からの紹介による相談業務が多いです。

 

でも、相談者が頭に「はてな」を浮かばせたまま、相談が終わることってないんです。。

 

 

 

もちろん、実際のところはわかりませんが。。。。

 

約8割くらいの方は、継続して相談頂いてますし、

 

残りの方は、サクッと次のステージに進んでいる印象があるのですが。。。

 

ちなみに次のステージとは、必ずしも住宅購入ではないです!

 

両親との同居だったり、ライフプランの見直し、メーカーのえらびなおしなど、

 

少なくとも次のステップを決めて、私の元を旅立つんですよね。。

 

 

 

セカンドオピニオンでいらっしゃった方の特徴としては、

 

「キャッシュフロー表に展開されている数字の意味が分からない」

 

「FPの人が勝手に決めて、数字を入れて、気が付いたら終わっていた」

 

など、FPとの信頼関係が築かれていない、というもの。

 

 

 

私にとっても、気を付けたい、耳に痛い、指摘をされる方が居るので、

 

本当に勉強になりますし、気を付けようって思います!!




FPと言っても、その個人の価値観、生き方、経験、得意分野、などなど

 

実は、一人一人違います。私も含め、属人的な要素が大きいと感じます。

 

 

そもそも 相談の目的は何ですか?

 

家族の将来、暮らしとお金のバランスを見通したい!

 

家族の価値観を共有して、お金の優先順位を決めたい!

 

 

 

税制や頭金と住宅ローンの割合や、

 

金利タイプなどの選び方といったテクニックを得て、

 

賢く、効率的に住宅購入を進めたい!

 

 

などなど、各ご家庭の目的や価値観によって、相談相手を選んでみてください。

 

 

ちなみに、私への相談の大半は、上記の理由によって

 

「もやもやしているから、相談しておきたい」

 

「これを機会に、真剣に、しっかりと未来設計をしたい!

 

という方が、ご自身で申し込み、あるいは紹介されていらっしゃいます。

 

 

時間は掛かります!

 

 

最低でも2時間×2回くらいは、掛けないと得られるものは限定的です。。

 

 

とことん未来設計して、賢く住宅購入をしたい方のために、

 

新しい相談プランを作りました!!

 

ライフプラン&住宅資金  個別相談 11000円

 

お気軽にご相談くださいね!

【家計見直し】リボ払いからの脱出!!

作成日:2020年05月24日(日)

こんにちは!

お金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

 

 

家計の半分以上を占めるであろう「固定費」

 

その中に、毎月定額払いのカードローン「リボ払い」はありませんか?

 

 

きっかけは、ポイントが付くから、とか、キャッシュがいらないから、

 

手軽だから、などで始まったクレジットカード生活。

 

キャッシュレス社会が現実味を帯びた今、更なる拡大が図られています。

 

 

そんなクレジット生活、確かにお得だし、私もほとんどキャッシュレスです!

 

 

 

そんなある日、

 

翌月の支払い金額確定と共に伝えられる「リボ払いへの変更案内」

 

リボ払いとは、支払った件数や金額にかかわらず、

 

毎月の支払額が一定になる支払い方法です。

 

 

コロナで収入も減ったことだし、オススメならそれにしてみよう!!

 

と、手続きをしたら最後、なかなか支払いが終わらない、ってことがあります💦

 

 

なぜなら、毎月一定額の支払い、という便利さ、

 

手軽さの代わりに支払う「手数料」がとにかく高い!!

 

実質年率15%位が標準です。

 

残債50万円あったとして、単純計算で

 

50万円×15%÷12か月=毎月6250円が手数料です。

 

 

元本は、いくらを定額にするかによって違いますが、

 

2万円ずつ返済する、としたならば、、、

元本13750円で利息が6250円ですね。。

 

 

翌月の残債は50万円ー13750円=486250円となるのです。

 

ちなみに完済するのは、約30か月後。総額約60万円です💦

 

 

 

更に大変なのが、このクレジットカード、ずっと使い続けたりします。

 

つまり、残高がずっと増えるわけですから、もはやいつ終わるのか?

 

分からないまま、ずーーーっと返済を続けることになる💦

借金を背負った男性のイラスト | 無料フリーイラスト素材集【Frame ...

 

リボ払いをされている方に、ライフプランのためのヒアリングをすると

 

今の残債を把握していない人しか居ません。。

 

毎月の返済額はわかるけど、今の残債はわからないし、仕組みもわからないけど、

 

ずっと払ってるけど、いつ終わるかわからない、という感じです。

 

更には、まとまったお金があっても、どうしたら完済できるのか、知らない💦

 

 

 

リボ払いからの脱出!!

 

銀行のおまとめフリーローンに切り替えちゃいましょう!!

 

 

もちろん残債やその方の信用力、支払い能力によって金利は違います。

 

でも、でも、少なくとも、完済の見通しがつくだけでも、安心です。

 

 

そして、二度と、リボ払いには頼らない家計管理を一緒に考えましょ♪

【家計見直し】残価設定マイカーローンは正解?

作成日:2020年05月24日(日)

こんにちは!
お金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

 

最近のご相談で増えている事例です。

 

ディーラーさんで、キャッシュで車を買おうとしたら、

 

「ローンにしてくれたら割引できます」と言われた。。

 

逆に、キャッシュだと割高になる!?

 

その背景には「信販会社」との提携があります。

 

15万円だけでもいいので、ローン組んでくれませんか?

 

なーんて、頼まれた方もいました💦

sensya_man.png

 

 

良し悪しは、家計や価値観によって違うと感じます。

 

 

まとまったお金を出すのは不安だったから、

 

「まあ、いっか」と考える方。

 

 

 

低金利の日本経済ですから、まとまったお金は借りといて

 

手元にあるお金は世界経済で運用するって方法もありますね。。

 

 

総額を確認して、お得だと判断する方法。

 

 

そして、もう一つ、

 

目の前はお得なので、ローンにしておこう!

 

その後、繰上げ完済。

 

あるいは、銀行のカーローンに借り換え!!

 

 

先日のご相談では、

 

5年後の残債返済のために、つみたてをされている方が居ました。

 

 

つみたてできる余力があるのなら、

 

銀行のマイカーローンに切り替えて、5年で払ってしまった方が、お得。

 

今回の場合は、金利も低くなりましたし、

 

残債の利息も払わずに済みました!!

 

 

住宅ローンもさることながら、

 

うっかり組んでしまったマイカーローンの見直しもしてみるといいかもしれませんね☆

 

お客様の声をご紹介 50代ご夫婦

作成日:2019年08月12日(月)

こんにちは!

お金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

 

 

団塊世代の方のリタイヤが増えています。

 

今までの選択の積み重ねである金融商品の整理整頓、

 

何をやめ、何を続け、何を始めるか!?

 

「資産寿命」と「余命」を考え、家計や資金の流れ確認しておきたいところですね。

 

ooishi sama

 

 

団塊世代の方は、高度成長期を経験されています。

 

当時、なんとなく入った年金保険、今となっては利率のいい「お宝保険」です。

 

間違って解約しないようにしたいですね。

 

逆に、子どもが独立したら大きな保障は不要でかも。。

 

今後は、貯蓄で備えるか、保険で備えるか、検討ポイントです!

 

 

 

 

 

関連団体

日本FP協会 生命保険文化センター 相続診断協会