メニュー

読むだけで家計の悩みがスッキリするブログ - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

ライフプランニングって何をしますか

作成日:2016年10月19日(水)

こんばんは 浜松でお金を活かすFP事務所 ギフトユアライフ浜松のさぎさかです。

 

朝夕は冷え込みはじめ、秋の香りを感じる今日この頃。

 

体調など崩されていらっしゃいませんか?

 

このバブル経済崩壊から24年でしょうか?早いものです。

最近、感じますのは経済・金融・各制度の変化が近年、とても早い動きになってきていると思います。

 

私たちFPは、まだまだどのような仕事をしていて、どんな商品・サービス提供していうのか知らない方も

多いのではないかと思います。

 

私たちの仕事の中でも重きを置く仕事に、ライフプランニングというものがあります。

 

豊かで平和な時代ではありますが、もしも自分と家族が思い描く豊かで自由な人生を歩めるとしたらいかがでしょうか?

夢や希望を叶える計画を立てることができるとしたらわくわくしませんか?

 

自分でやってるからいいよ~という声も聞こえてきそうですが、

私たちはカウンセリングに時間を頂いています。

 

その中では「生きがい」「健康」「家庭経済」「家族」などに焦点を当てたり、中長期の「家庭経済」について

焦点をあてライフプランニングを行います。

 

これはお金を持っている資産家だけのお話ではなく、家計をマネジメントするすべての個人が対象になっているんですね。

 

ではライフプランニングはどのタイミングで必要なのか?と思いますよね。

 

僕は就職したら作っておくといいと思います。

 

独身時代があり、結婚し、家族になり、子供を育て、教育し、壮年期、熟年期を迎え、老後を生きることになります。

 

前提はどのように生きていきたいか?どうしたいか?が一番初めの自分への問いかけになるかも知れないですが

 

私はこのライフプランニングを40歳以降にその価値を知りました。

もっと早く知りたかった。働き出した頃にこうしたプランニングやお金の教育ってあったらいいと思いました。

 

なので私たちFPはご相談を受ける際にライフプランニングを提供するようにしています。

 

それはみなさんの明るい未来地図を描き、生き生きとた笑顔あふれる毎日を作り出すためです。

私たちは笑顔とありがとう溢れる街づくりを理念に掲げ、FPとしての仕事をさせていただいております。

 

次回はライフプランニングの年代別資金運用について少し触れていきたいと思います。

 

自動車保険は何を基準に選びますか

作成日:2016年10月18日(火)

こんばんは

 

浜松でお金を活かす FP事務所ギフトユアライフ浜松のさぎさかです

 

私は実は日産自動車販売会社出身です。

なので自動車保険に関しては詳しくご説明できるかと思います。

 

まず自動車保険。今年で101年目になります。

 

東京海上が初めて自動車保険を販売したわけですが、

自動車の普及と同時に事故が多発し必然的に世に出てきたというわけです。

 

契約時に気をつけていただきたいのは

 

対人賠償保険・対物賠償保険です。

現在の賠償額は、私が社会に出てきたときに比べかなり高額になってきています。

 

まさか無制限補償にしてない方はいらっしゃらないと思いますが・・・・いかがですか。

 

次に、人身傷害補償保険。

 

15,6年前でしょうか・・

搭乗者傷害保険にプラスして出てきた補償です。

 

これがとても重要かと存じます。

 

運転者・同乗者の事故による万が一や後遺障害、治療費・休業損害・慰謝料が支払われます。

 

但し、自身の過失分です。

 

この保険で素晴らしいのは、

過失割合が不確定時や 相手が無保険もしくは逃げたなど

賠償してくれる先に支払い能力がない場合に 保険会社が立て替えてくださるという優れもの。

 

現在の自動車保険では基本保障になっていますので、ついてない証券を見るのは100台に1台くらいでしょうか?

 

これまで説明した、対人賠償・対物賠償+人身傷害は基本補償といっていいと思います。

 

これに車両保険と各種特約になります。このカテゴリーはまた次回、ご説明いたします。

 

さて、では自動車保険を選ぶには??

 

選ぶ基準は対応力、保険料、保険会社、契約先になると思います。

 

販売しているのは、

 

自動車販売会社(トヨタ・ホンダ・日産など)

整備工場

生命保険会社

保険代理店

農協

各種共済制度

インターネット

通信販売

 

では選ぶ基準をお伝えしますね。

 

基本、自動車販売会社や整備工場は事故や故障に直結しているためオススメです。

しかし、これは実は担当している方次第といったところがあります。

 

保険代理店は専門的知識が豊富で、事故対応力は一番高いと思います。

 

上記は代理店ですので、保険料は保険会社が同じであれば同じになります。

 

インターネットは保険料、つまりコストは一番お安くオススメですが…事故時によくご相談を受けますので

ご自身である程度、事故対応ができる方であればお勧めです。

 

最後に情報としてお伝えいたします。

 

自動車保険はノンフリート等級制度というものがあります。

※ノンフリートとは、フリートではないという意味でフリートは「何らかの集まりを意味します」

 

制度は1等級から20等級にそれぞれ割引率が適用され、無事故で一年を過ごすと等級が一つ上がります。

新規契約は6等級。複数所有新規では7等級が始まりとなります。

 

事故が起きた場合は、3等級下がります。しかしながら現在の自動車保険は事故あり等級というものが設けられており

事故で保険金を使った際に、保険料が等級よりかなり上がってしまします。

 

そのため保険契約を3年から7年といった長期で契約することが、契約者にはメリットがあります。

ただし、長期の契約を控えている会社もあるのでご加入の保険会社にご確認くださいませ。

 

最後に交通事故は、人の感情が大きく関わります。

なので親身になってくださること、安心できることの後に、経済的側面を考えご検討ください。

26年間の経験でわたくしが皆様に自動車保険の選定基準をお伝えいたしました。

 

 

 

生命保険料控除って、なんですか?

作成日:2016年10月17日(月)
こんにちは!
 
お金を活かすFP事務所
ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です!
 
秋になると、急に郵便物が増えるご家庭が多いのではないでしょうか?
 
季節の変わり目に多い様々な販売店からのクーポンも多いなぁ、、
と感じますが、その中に大事な書類が混ざっていることが多々あります!!
 
 ということで、今回の年末調整や確定申告の際に
 必ずと言っていいほど申告する、生命保険料控除についてご紹介しておきます!
 
「控除」という言葉は聞きなれませんが、
簡単に言うと「割引」「引き算」だと思ってください。
 
安くなるといっても、そもそもの課税(納める税金)される流れが分からないと
 実感もわかないと思うので、簡単に課税の流れをご紹介します。
 
会社や自営業の売り上げと同じ意味合いのものが、
サラリーマンにとっての年収(支払金額)です。
 
売上からは、経費が引き算できます。
サラリーマンにとっては、経費=所得控除 ということ。
 
この所得控除の項目が、引き算できるものです。
 
年収(売上)ー所得控除(経費)= 課税所得
課税所得× 所得税率 や  住民税率→ 納める税金額
 
 
生命保険料を払っていると、税金が安くなるわけですが、
 ではどのくらい安くなるのか、概算をみてみましょう!
 
koujyo
  
一般/介護・医療/個人年金 の3項目でそれぞれ上限4万円。
生命保険料控除枠がすべて満額使えたとして、課税所得は12万円減ります。
 
課税所得額によって税率は変わるのですが、10%だった場合。
 
住民税は、概ね10%ですので、
概算では12万円×(所得税10%+住民税10%)=24,000円。
 
24000円の税金が安くなる計算となります。
 
30年間で、72万円ですね!!
 
 
注意点としては、節税できるからといって生命保険に入りすぎないことです!
 
12万円の控除を受けるためには、
24万円(月2万円)以上の生命保険料を負担しているので、
 
本当に必要な保障が何なのか?いつまで必要か?
 
などなど、本来の「必要性」にフォーカスした保険の加入をお勧めします。
 
 
地震保険にも所得控除があり、控除証明書が届いていると思います。
 
郵便物をしっかりご確認くださいね!

海外旅行に保険は必要?

作成日:2016年10月14日(金)
 
こんにちは、浜松でお金を活かすFP事務所、ギフトユアライフ浜松の
鈴木裕也です。
 
家族旅行、または一人旅が楽しみという方は多いのではないでしょうか。
その中でも、海外旅行は長期の連休が必要なので中々行けず、
もし行く予定が決まれば物凄く楽しみになりますよね。
 
皆さんは海外旅行に行く際に保険に加入していますか?
 
海外での滞在中に病気やケガというトラブルが起こった場合、治療費が
高額になることや、支払い能力を証明できなければ治療を受けられない
場合もあります。外務省も、過去に入院・手術で1,000万を超えたケースも
あるので、加入を勧めています。
 
保険の内容に関しては損害保険会社によって異なりますが、傷害死亡1,000万、
治療費用1,000万、賠償責任1億、携行品損害20万、救援者費用1,000万、
航空機手荷物遅延等費用10万、弁護士費用等10万、緊急歯科治療10万などから、
自由に組み合わせることができる。
 
海外で治療を受けてから、帰国後に申請すれば健康保険制度で、海外療養費が
給付されるので、自己負担額は3割で済みますが、給付額の算定が海外で払った
治療費と、同じ治療を日本で受けたと仮定した金額と比べ、安い方の金額が
基準となります。
給付額の算定に、治療内容がわかる書類や明細に日本語訳をつけて健康保険の
窓口に提出する必要があるので、必ず持って帰りましょう。
 
料金は各会社によって様々ですが、4日間ハワイに行ったとしても、ほとんどの
会社が1人2,000円はかからないくらいです。
年齢が若いと安い会社や、2回目から割引になったり、医療機関の案内や
手配もしてくれるサービスなどもあります。
 
海外だから治療費が高額になるので、本来受けたい治療を受けられないなんて、
寂しすぎますよね。
 
そんなに大きな保険料ではないので、少し手続きに手間はかかりますが、
万が一にも備えることで、思いっきり楽しい旅行になるのであれば、
加入しした方がいいのではないでしょうか。
 
どこの会社で加入すればいいのかは、お気軽にご相談ください。

被害にあった!どうしたらいいんだろう??

作成日:2016年10月09日(日)

こんばんは

 

浜松でお金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松のさぎさかです

 

最近はテレビやラジオから法律事務所の宣伝・CMをよく耳にしませんか?

テレビをあまり見ないのでわかりませんが、法律相談所のような番組も確かありましたよね?

 

なので損害賠償請求ということを知らず知らず、知識としてみなさんお持ちではないでしょうか?

 

自動車事故でも、弁護士費用特約を使っての裁判事案が増えてきました。

駐車場などの接触事故でも訴訟に発展する昨今は本当に欧米化が進んでいる気がします。

 

さてでは日常生活ではいかがでしょう?

以前、騒音を立てる隣家の方と近隣の住民とで訴訟がありました。

大小はありますが、裁判が身近になってきていることは事実といえます。

 

保険商品は実は私たちの日常のリスクから生まれてきます。

 

例えば、個人情報を漏えいした際に起こる賠償責任に対応した保険、

 

ドローンを事業として使用する際の保険、

 

サイバー被害による損害を補てんするもの、

 

太陽光発電設備の事故による利益補償など。

 

今日、ご紹介したいのは身近な日常の被害事故に関する補償。

 

子供が犬にかまれたが、飼い主が責任を負わない

 

歩行中に、自転車に乗った方がぶつかり大けがを負うが責任を負ってくれないなど

 

こうした被害事故は起こる昨今は泣き寝入りはつらいですよね。

 

そんなときに保険としてお役に立てるのは

 

日常生活における法律相談費用・弁護士費用特約。

ぜひご自身の生活を守る保険を1年に一回はご確認ください。

 

ギフトユアライフ浜松では、家計と保険サポートプランで、

安心して生活をしていただくアドバイス・ご提案をさせていただいております。

 

お気軽にご相談ください。

関連団体

日本FP協会 生命保険文化センター 相続診断協会 320100