メニュー

確定申告、医療費控除に領収書が不要になる? - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

確定申告、医療費控除に領収書が不要になる?

作成日:2018年03月06日(火)

こんにちは!
お金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です!

 

先日、加入している全国健康保険協会から「医療費のおしらせ」が届きました。

 

kenpo

 

平成29年分の確定申告から(まさに今)、この「医療費のお知らせ」を

医療費控除の申告手続きに使えるようになりました!!

 

ここまではいいのですが、、、

 

いくつか難点があります(;´・ω・)

 

 

11月12月の明細が無いのです。

 

記載されていない診療や病院があるかもしれないそうです。

 

つまり、補助的にしか使えないということです。

 

なので領収書は一旦取っておいて、

 

この「医療費のお知らせ」と照らし合わせて、

 

重複していたらその領収書については5年間の保存義務が無いそうです、、。

 

ビミョーですね、、。

 

そもそも原則は合計10万円以上の医療費を家族が使った場合の申告なので、

 

最近の我が家では、申告に使う必要はなさそうです^-^

 

でも1年間の振り返りとして、

 

健康保険のありがたみを知る方法として、

 

こういったまとまった情報開示があるのは、いいことだと思いました^-^

 

特に歯科の定期検診はしておきたいものですね☆

 

 

 

 

関連団体

日本FP協会 生命保険文化センター 相続診断協会 320100