メニュー

公的年金が世界で運用されているって本当ですか? - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

公的年金が世界で運用されているって本当ですか?

作成日:2018年08月09日(木)

こんにちは!

お金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です☆

 

日本国民すべての人が加入している公的年金制度。

 

第二号被保険者と呼ばれるサラリーマンは、

給与から予め決まった料率で厚生年金保険料を支払っています。

 

人口が増加していた昭和の時代は、

現役世代の保険料がそのままシニアに仕送りされていました。

 

ところが人口減少が続く日本経済。

 

実は、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)により

未来の年金給付を見据えた資産運用が行われています。

 

平成13年(2001年)より運用は開始され、運用資産は順調に増えています。

http://www.gpif.go.jp/operation/state/pdf/h30_q1.pdf

 

そして世界の年金基金、運用資産額のランキングでは

なんと!!第一位、トップなのです!!

 

「保険料を納めても年金なんてもらえない」

 

という極端な発言をされる方がたまにいらっしゃいます。

 

平成13年~の運用期間で収益を66兆円、運用資産総額は158兆円以上。

 

国民の労働収入だけではなく、お金を育てる取り組みもしているんですよ!

 

 158兆円の資産運用、国民の大事なお金を運用に回すわけですから

慎重に運用方針を決め、専門家が運用を続けています。

 

一般の方が資産運用を始めるにあたって気になるのは、資産配分。

 

一つの指針として、GPIFの資産配分を参考にしてはいかがだろうか?

 

平成13年~30年、17年間の平均リターンは3.18%。

 

もし100万円を3.18%で17年運用すると170万円になる。

 

人口減少の日本、グローバル社会の一員として生きていく現代、

 

世界に目を向け、世界の力を借りてお金を育てることは必須のような気がします^^

 

 

 

関連団体

日本FP協会 生命保険文化センター 相続診断協会 320100