メニュー

手当 - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

  • 派遣やパートでも、産休・育休は取れますか?

    作成日2016年11月07日(月)
    こんにちは!
    お金を活かすFP事務所
    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です!
     
    答えは!
     
    健康保険や雇用保険に加入していれば、取れる可能性が出てきます。
    ルール上は、正社員も派遣社員やパートも同じ扱いです。
     
    ところが・・
    正社員と派遣社員やパートが違う点は、「有期雇用である」かどうかです。
    「有期雇用」だった場合は、期間が終了してしまうと更新してもらうか
    やめざるを得ません。
     
    産休・育休がもらえる権利はあるけど、雇用期間が終わってしまった・・。
    これは、違法でもなんでもないようです(;´・ω・)
     
    では、どうやって対策するか?
     
    私の見解としては、「雇用元と良好な関係性を築いておく」ことです。
     
    ちなみに、本人が産休・育休を取っている間、雇用元には経済的負担があるか?
     
    というと、社会保険は労使とも免除・雇用保険は給与がないのでゼロ。
     
    つまり、経済的なデメリットはなくなりました。(H26.4~)
     
    ”今まで良く働いてくれた、育休明けにも働いてほしい、
    会社負担が無いなら産休・育休を取らせてあげれば本人は大喜び!”
     
    会社がこのように思ってくれれば、在りがたいですね!
     
    先日、弊社でご相談頂いた派遣社員の方が、実際に会社にお伺い。
    当初は、産休・育休は無いと言われていたようです。
    相談の中で、再度この情報をお伝えてして会社に問合せてもらったところ、
    見事に産休・育休をGetできるメドが立ちました!
     
    「これで安心して子どもが産める(^^♪」と喜んで頂きました。
     
    派遣社員の場合は、派遣先との契約期間と、雇用元との契約期間は一緒のことが多いようです。
     
    つまり、働いている場所(派遣先)では、次の労働力が必要となる為、契約は打ち切り。
     
    そのため、雇用元(雇ってくれているところ)の直接雇用に切り替えてもらって、
    実質的には働かず、産休・育休をもらうという流れです。
     
    復帰後の派遣先は、すぐに用意できるか分からない、
    と言われたそうですが、まずは、一安心ですね!!
     
    次の難関は、保育園探し(保活)ですね!!
    がんばれ!!働くママたち!
     
    ということで、子育てママFP鈴木幸子は、
    相談者のライフプランに寄り添い、一緒になって、働くママの環境改善に取り組みます!
     
  • 育休中は、夫の扶養に入れますか?

    作成日2016年11月02日(水)
    こんにちは!
    お金を活かすFP事務所
    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です!
     
    答えは、入れるかもしれません。
    ただし、税法上だけで、扶養手当等は要確認です。
     
    産前産後休業中は、健康保険から「出産手当金」が支給されます。
    次に、育児休業中は、雇用保険から「育児休業給付金」が支給されます。
     
    これらの給付は、所得税法上は非課税となっています。
     
    この給付以外に収入がないのなら、課税所得は0円なので、
    旦那さんの扶養(控除対象配偶者)になることができます。
     
    ただし、産休・育休のタイミングによっては、
    給与が103万円を超えていた場合は、扶養ではなくなります・・。
     
    産休中も育休中も、社会保険には入ったままなので
    (ただし保険料は労使とも免除されている)
    旦那さんの健康保険の扶養には入れません。
     
    税法上は、扶養になるけど、
    健康保険上は扶養にならないということですね!
     
    では、旦那さんのお給料に上乗せされる扶養手当はどうでしょう?
    こちらに関しては、会社によって給付の条件が違うので、
    会社に確認してみるといいですね!!
     
    扶養に入れたらラッキー・手当がもらえたらラッキー(^^♪
    位の感覚で、確定申告や会社への確認をしてみてくださいね!!
  • 子育て支援ってどんなものがありますか?パート2

    作成日2016年08月04日(木)

    こんにちは!!

    浜松市でお金を活かす 会員制 FP事務所

    ギフトユアライフ浜松 鈴木幸子です。

     

    前回に引き続き、子育て支援についてご紹介します。

     

    ③私立幼稚園就園奨励費

     

     この支援があることで、

    公立と同程度の負担で通園できる場合もあります。

     

    ちなみに浜松市は、H27年4月から

    公立幼稚園の保育料が所得に連動するようになりました。

     

    これにより、新入園者からは今まで一律だった保育料が、

    上がってしまう家庭が増えたようです。

     

    今回は、私立幼稚園に入学させた場合の

    保育料を一部補助してくれる制度です。

     

    この制度も所得に応じて奨励金が変わる仕組みになっています。

     

    目的としては

    公立幼稚園との保育料格差を是正するための制度でしたが、

    今は公立の幼稚園も所得に連動するようになったので、

     

    所得によって負担感も変わってくると思います。

    約6万円~30万円と幅があります。

     

    幼稚園を選ぶ場合には、園の教育方針や送迎バスの有無、

    奨励金の額等、トータルな検討が必要ですね。

     

    ④「認可外」「認証」保育料の補助

     

    浜松市では、H23年から待機児童数を減らすため、

    「認証」「認可外」の保育所に子どもを通わせる場合、

     

    保護者へ子ども1人当たり月額20,000円の補助を出しています。

    対象は待機児童の多い0-2歳までの子を持つ親です。

     

    ⑤高等学校等就学支援金

     

    国立や私立の高校の授業料を支援し、

    公立高校の授業料を実質無償化する制度です。

     

    下記の支援金額が高校に支払われ、

    授業料と相殺する仕組みになっており、

    保護者から高校への支払額が減免されます。

     

    ただし、この制度にも所得制限があり、

    高額所得の場合には、授業料の減免は受けられません。

     

    公立高校は月額9,900円。

    私立高校は月額24,750円~9,900円

     

    子育て支援をもっとして欲しい!!

    という願いは皆さんお持ちだと思います。

     

    ただ、私が子どもを産んだ時から比べると

    いろんな拡充がされているな、と感じます。

     

    妊娠中の検診は毎回自費、

    認証保育園は2人で8万円近く払いましたが、補助は無し。

    保育料の為に仕事をしていたな、という記憶があります。

     

    ただ、私は社会参加していたほうがイキイキできるタイプでしたし、

    子どもにとっても刺激的な毎日(^^♪

     

    結果的には、認証保育園を3つ渡り歩いた末、認可保育園に入園。

     

    保育園の先生にも恵まれ、一緒に子育てしながら

    成長させてもらえたな、って思っています^-^

     

    ちょっと余談を挟んでしまいましたが、

    子育て世代を応援してくれる制度はいろいろあります。

     

    未来を担う子供たちが健やかに育ってくれるよう願っています(^^♪

  • 保育園に入れない時の育休手当はどうなりますか?

    作成日2016年07月26日(火)
    こんにちは!
    浜松市でお金を活かすFP事務所
    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。
     
    浜松市は、全国で4番目に待機児童が多い地域です。
    H28.4月現在、214人。(磐田市は57人)
     
    共働きで将来の働き方や子育ての方針を
    決めかねているご夫婦にお会いすることがあります。
     
    実際に「保育園に入れず、予定通りの就労ができず、
    現場に迷惑を掛けてしまう」という理由で退職を選択する方がいらっしゃいます。
     
    一度退職すると、
    お子様の計画が落ち着くまで、なかなか再就職もできない、
     
    収入も正社員のころに比べると、格段に下がってしまいます。
     
    ライフプランが大きく変わってしまう一大事、
    しっかり事前対応できるように「知ること」から。
     
    経済協力開発機構が発表した
    「雇用アウトルック2015」によると
     
    子どもを持つ女性の就業状況(仕事の有無)は、
    52%の方が「仕事をしている」と回答。
     
    25~54歳女性の就業率71.8%と比較すると、
    子どもを持つ女性の就業率は下がることが分かります。
     
    更に、正社員比率は8%(20~39歳:18%、40歳以上:4%)。
     
    もっとも多い雇用形態は、「パートアルバイト」で62%(同55%、65%)、
    次いで「派遣社員」で17%(同11%、19%)でした。
     
    少子・高齢社会の到来で、
    労働人口が減る中(1995年をピークに減少している)
    女性の社会参加を促す制度を整える動きは加速しています。
     
    今後は、女性の活躍を促す動きがより活発になってきます。
     
    ところで本題の「保育園に入れない時の育児手当について」です。
    育休が終わるまでに保育園に入園できなかった場合には最大で6ヶ月育休を延長できます。
     
    この6ヶ月間は育児休業給付金も支給されるので
     
    もし入園できずに育休を延長せざるを得なくなった場合は
    しっかりと手続きをして給付金を受け取りましょう!
     
    「育休を延長せざるを得なくなった」ことを証明するため、
    下記のような条件で判断されます。
     
    ○入園希望の保育園が国基準の認可保育所であること。
     
    ○1歳の誕生日前に保育園への入園申込みを済ませ、
     入園希望日は誕生日前にしていること。
     
    育休は1歳の誕生日の前日までなので、
    復職の意思があれば、それまでには入園手続きをしているはず。
     
    あとから気づいても手続きはできない、
    あくまで「入りたいのに入れなかった場合の救済処置だと思ってください」
     
    ○定員オーバーで保育園へ入園できなかったこと。
     
    申込みはしたけど入園できなかった、という事実が必要です。
     
    定員オーバーだから申し込まなかった、
    応募締切日に間に合わなかった、という場合は該当しません。
     
    ちなみに浜松での新年度入園については、
    前年の11月下旬から12月上旬に受付を開始するそうです。
     
    他の地域に比べ、浜松市は育休延長の可能性が高いので、
    妊娠中に「保活」をはじめておくと見通しが立っていいと思います。
     
    ※追記
    2017年10月より、育休延長が2年に伸びました☆
     
  • 結婚しました。保険に加入したほうがいいですか?

    作成日2016年07月26日(火)
    こんにちは 浜松でお金を活かすFP事務所
    ギフトユアライフ浜松の子育てFPママ 鈴木幸子です。
     
     
    ご結婚、おめでとうございます!!
    「保険」って実はいろんな種類があります。
     
    国が主導で行っている 5つの保険制度は、ご存知ですか?
    身近なものとして、
    医療を受けた時、
    出産した時、
    病気やケガで長期的に働けない時、
    障害状態になった時、死亡した時、
    失業してしまった時、
    介護状態になった時、
    などなど、
    人生で想定されるあらゆるトラブルは、
    この保険制度である程度まで保障されています。
    健康保険・年金保険・雇用保険・労働災害保険・介護保険
    詳細はまた別のブログでご覧くださいね!
     
    他にも車に乗るなら強制加入、
    自動車賠償責任保険といった備えもあります。
    さてここからが本題です!
     
    「結婚を機に保険に加入したほうが方がいいのか?」という点ですが、
     
    「将来を考えるきっかけにしましょう!」という見解です。
    ポイントとしては、
    「何のために入るのか?」を考えてみること。
     
    パートナーはお互いに生涯を共にすると決めた大切な人。
     
    何かトラブルが起きた時、これから築く生活で、
    経済的ダメージがあった時のお互いの顔が浮かぶ・・。
     
    お互いの為、家族の為という思いが高まるのが「結婚」というタイミングですね!
     
    ただし、入りすぎは禁物です。
     
     日本では憲法25条で
    「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」
     
    と定められていますので、上記のような国主導の保険制度が充実しているわけです。
     
    検討の手順は、
    ○目的を決める。「何のため、誰のための備えか?」
     
    ○ダメージを想定して必要額を算出する。
     「いつ、どんな時に、いくら必要か?」
     
    ○国主導の保険制度で賄えない必要額については
     任意の生命保険会社の商品を探す。
     
    H28年1月現在、生命保険会社は41社あります。(金融庁登録数)
     
    商品ラインナップも様々、
    ましてはカタチの無い将来の約束をする(=契約)
    わけですから、一般的に苦手意識が高いようです。
     
    保険の検討は専門性が高いため、
    取り扱いには保険募集人資格が必要。
     
    専門家に相談し、ムダ・ムラの無い備えをすることで、
    加入に伴う保険料負担も納得感を持ち払い続けられると思います。
     
    日々の生活も、トラブル発生時も、
    より良い暮らしを続けることができるのではないでしょうか。
     
    余談ですが、
    福沢諭吉が日本に生命保険の考え方を紹介したのがきっかけで、
    日本の生命保険の歴史が始まっています。
    相互=お互い、扶助 =助け合い、の仕組み。
    いつ、どこで、誰に訪れるかわからない「万一」のために、
     
    「一人は万人のために、万人は一人のために」という考えに立って、
     
    お互いにお金を出し合って助け合う、これが保険という制度です。
    保険とは、より小さな負担で安心を手に入れるために
    助け合いの精神で作り上げた、必要不可欠な社会のシステムであり、
     
    先人の知恵と愛にあふれた仕組みなんですね。