メニュー

おこづかいの金額 - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

  • おこづかいのあげかたを知りたいです!

    作成日2016年09月07日(水)
    こんにちは!
    浜松市でお金を活かす FP事務所
    ギフトユアライフ浜松 鈴木幸子です。
     
    今日は、私のFP活動の一環で
    4年ほど前から取り組んでいる子どもの金銭教育で、
    おこづかいを活用して、子どもの自立を促す方法をご紹介します。
     
    以前、我が家の子どもが小学生の頃に、
    その小学校の家庭教育講座で40分ほどの講和をさせて頂きました。
     
    先生方がおっしゃるには、
    おこづかいのあげかたや金額などについて聞かれるけれど、
    それぞれの家庭の事情もあってアドバイスが難しい、ということでした。
     
    では、そもそもなぜおこづかいが必要なのでしょう?
     
    限られたお金を計画的に使うことで、将来の生きる力を養うため。
     
    お金の使い道は、その子の価値観の現れで、良い悪いはない。
     
    本人が実現したい未来にお金を使うわけですから、
    稼ぎに見合ったお金の使い方ができればいいのです。
     
    限られたお金をオーバーしてまで
    欲しいものにお金を使ってしまっては、将来は自己破産してしまいますよね・・。
     
    欲しいものがあったら親に言えば、ばぁばに言えばお金がもらえて、
    欲しいものは何でも買えてしまう状況は、子どもの成長を妨げます。
     
    学校では、稼ぐ力を養う教育がされていますが、
    使う力の教育も必要なんじゃないかな、って思います。
     
    では具体的に
     
    まず、いつからおこづかいを始めるか?
     
    →お金に興味を持ち始めたら。
    (年齢、性格によって違うので子どものペースで)
     
    金額の決め方については、子どもとおこづかい会議を行う。
     
    ①子どもの為に使っているお金の使い道を書き出す。
     
    ○おかしやジュース、ゲームや文房具など子どもでも思いつくもの
    ○靴・服・下着といった身の回りのもの
    ○食費・レジャー・教育費(今・将来への貯蓄も)といった子どもには気づきづらいもの
     
    こういった使い道を子どもと一緒に書き出し、
    「自分にはいろんなお金を使ってもらえている」という
    感謝ができる環境を作ってあげてください。
     
    ②使い道のうち、どの使い道を自分で選びたいか決める。
     
    今までは、スーパーに行くたびに「1個だけ」というお菓子の買い方をしていた。
    親の指示のもと、選ぶことに集中し、今欲しいかどうか、金額は?といった注意がない。
     
    →月に6回くらい買い物に行って、100円位の予算でお菓子を選ばせるとしたら・・
     お菓子代金として600円をおこづかいにしてみる。
     
    ③使い道の中に、人のため、将来のため、という項目も入れておく。
     
    例えば、
    自分の為に使うお金(おかしやジュース)600円
    人の為に使うお金(誕生日プレゼントやお土産、寄付など)500円
    将来のために使うお金(1年後に3000円のおもちゃを買う貯金・緊急用など)400円
     
    中学年位で、こんな月間予算が立てられるといいと思います^-^
     
    金額は適当ですので、目的に合った内容で・・。
     
    大事なポイントは、
    使い道を決める権利を親から子どもに移す!任せる!というところ。
     
    ④ルールを決めておく。
     
    ○いつ、いくら、どのようにおこづかいをもらうか。
    例えば、月初に~円、おこづかい帳の振り返りをしてから、1か月分まとめて・・
     
    ○お友達におごらない、かさない
    ○困ったときには早めに親に相談する
     
    などなど
     
    ⑤記録をつけて、振り返る。
    大人の家計簿もしかり、振り返りが大事です。
     
    その時のポイントは?
     
    事実確認と今後の使い道についての子どもの意見を聞く。
    使い道に良し悪しはない!を基本としてください。
     
    例えば、
    「今回は自分の為に1000円使ったんだね、楽しかった?^-^」
    「自分で決めてお金を使うって楽しいよね。」
     
    でも、
    「~ちゃんは、おこづかい会議では自分の為には600円て決めてるけど、
     来月はどうやって使って行けばいいと思う?」
     
    金額を決めたのも、使い道を決めたのも「~ちゃん」
    翌月に期待です!
     
    翌月、
    「今月は、パパの誕生日があったね、貯金していたお金で買えたかな?」
    「自分の為にも800円使ってるから、年末3000円のおもちゃを買えるかな?」
     
    トライ&エラーから何を学ぶかは、子どもの自由です^-^
    そこから自分を知り、管理も上手になり、自立をしていくと私は考えています。
    途中でうまくいかなくなっても、完璧でなくても、やめないでください。
     
    ながーく、続けてみてください。お金の使い道を考えるだけでも価値があると思います。
     
    次回は、我が家の具体例を写真付きでご紹介しますね!!
  • おこづかい会議 in寺子屋(ドリームゲート)

    作成日2016年08月08日(月)

    こんにちは!

    浜松市でお金を活かす 会員制 FP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です!

     

    ドリームゲート(http://www.dreamg.org/)さん主催 寺子屋 inゆやの里にて、

    小学1年生から6年生の子どもたちに向けた「おこづかい会議」を担当しました。

     

    この寺子屋は、子どもたちの健やかな成長を願い、夏休み限定で開催されています。

    今年も合計18日間、朝8:00~17:00まで参加することができます。

     

    子育てママにとってはありがたーい取り組み、

    毎日のように手品教室やお料理教室など、午後になるとイベント目白押し!

     

    その一環で、今回はキッズマネーステーション(http://www.1kinsenkyouiku.com/

    のプログラムを使って金銭教育をしました。

     

    一年生にはちょっと難しかったようですが、

     

    お金ってなに?どんなもの?おこづかいの決め方をとおして

    自立心が育つといいな、っと願っています!

     

    ご興味ある学校関係や、保護者の方、ご依頼くださいね~(^^♪

     

    ちなみに2年ほど前に、某小学校で「家庭教育講座」担当しています!

    ご要望に合わせて講座の提供を行っていますので、ご相談ください♪

     

    内容もさるところながら、元気な小1男子の可愛さに癒されていました☆

    13941093 856941721107976 1604700920 n13956816 856941731107975 1829430564 n